スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローン ブログランキングを見る

正しい住宅ローン選び

私が住宅ローンを組んだ時は、第1次オイルショックの金利の高い時だった。
でも景気も良かったので、会社が住宅ローンを斡旋してくれ、利子補給もしてくれたので、あまり苦労もなくローンが組めた。以降いくら会社が利子補給を当面してくれたといったも、高金利の時代だったので、最終は退職金を前借して、繰上げ返済をした。その方が有利だったのです。
こんな私が、偉そうに正しい住宅ローン選びを論じる資格はないが、要約すると、金融情勢の変動に伴って金利が変わる「変動金利型」。それから一定年数は借入時に決めた固定金利で返済し、その期間が過ぎると変動金利となる「1~20年固定金利型」のほか、「全期間固定型」「上限付き変動金利」など、金利タイプには大きくわけて4種類あり自分のライフスタイルにあったタイプの選択が大事だと思う、パソコンで試算してみるのも一法だ。
アト己資金は、一般的には頭金として物件の値段の20%程度が必要言われているが、それプラス登記料他各種手数料や保険料等が必要で、これらに100万円以上かかるのもお忘れなく。
スポンサーサイト
ローン ブログランキングを見る

<< 人生最大の買い物だから、住宅ローンは慎重に | ホーム | 住宅ローンの返済方法 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。