スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローン ブログランキングを見る

住宅ローン選びは自らの目で!

住宅ローンは対象となる金額も返済期間も、おそらく一般人にとっては最大かつ最長になるはずだ。
したがって、金利コンマ1の差、期間5年の差が全体で大きな金額の差になって表れる。
考えようによっては、たいへん恐ろしい。

一般的に、住宅メーカーとお付き合いの金融機関があって、放っておくとアチラ側のペースになりかねない。もちろん、そのペースに合わせることがベスト・チョイスの場合もあろうが、それは結果論であって、やはり、その決定のプロセスに全身全霊を捧げる意気込みがあっておかしくない。
けっして大げさな話ではない。
その時どきの金利の傾向など、大きな流れというものがあって、個人では何とも抗しきれない限界というものもあるが、しかし、そのパターンを選択するかの選択眼は、やはり自らが養わなければならないだろう。

従来のように、どこの金融機関の、どの商品によろうとも、商品名の違いこそあれ、内容に全く変化が無い…という時代は終わった。
私の場合は、住宅金融公庫の金利が史上最低の折に、乗り合わせることができた。しかし、その後に発売された商品により、さらに金利の縮減ができる可能性が述べられた。さる金融機関の担当者による情報だ。

さて、この情報を基礎に、自分の目でしっかりと確かめてみたい。

スポンサーサイト
ローン ブログランキングを見る

<< 自分の収入と比較します | ホーム | 住宅ローンについて >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。